レーシック手術も健康保険適用外。 http://maebaru-kyousei.com/risk/ 患者側の希望(眼鏡やコンタクトでも支障がない)と思い 医療費控除が申告できるかどうか、疑問に思われている方が 多いようです。 ですが、レーシック手術は 眼の機能を医療で正常な状態に回復させるのが目的ですから ちゃんと医療費控除の対象になるって事です。 また オルソケラトロジー治療インプラント 耐久性(角膜矯正療法)という治療法が 最近注目されていますね。 オルソケラトロジー治療ってのは、レーシックのように 手術する必要が無く、裸眼で生活できるようにする 治療方法です。 
しかし~ちゃんと医療費控除の対象です。 今年、オルソケラトロジー治療を行われた方は 医療費控除の申告をした方がいいですね。 そうそう、眼科っていえば 「眼鏡やコンタクトは、医療費控除の対象なの?」って 思いますよね。 残念ながら、通常は医療費控除の対象外なんです。 理由は???治療目的じゃないから???ということですが 治療目的に使われる場合には医療費控除の対象になります。 たとえば 緑内障、白内障、斜視などの手術後の機能回復が 目的で短期使用される場合。 幼児の未発達視力を向上させる目的で使用される場合。 
インプラントはご自分の歯と同じく 死ぬまでメインテナンスする必要があります。 また、インプラントトラブルの8割は2年以内に起こっています。 ですので吉本歯科医院では、インプラント治療を行なった患者さんには 終了後すぐは1ケ月ごとに経過を見させて頂いております。 その後、半年、一年半、2年目と、レントゲンで骨の状態を確認しながら 状態が安定するのを確認します。 特に症状が無くてもです。 状態が悪くなっていたとしても、インプラントはご自身の歯のように痛いや凍みるなどのように自覚症状として警告を発してくれません。 よくない状況が周囲の歯ぐきや隣の歯にまで影響が及んではじめて患者さんは自覚症状として気づくことができます。 メインテナンスにきちんと起こし下さらない または、メインテナンスの必要性をご理解いただけない場合には 手術を行なうことはできません。 
インプラントの手術後に、何かトラブルがあった場合は、修復や再手術の費用を軽減したり、払わなくてすんだりするのです。保証制度の内容は、取り扱いする保証会社や歯科医院により異なってきます。事前に、確認しなければいけません。 保証費用が治療費に加わっているのか、保証保証として追加費用が必要なのか確認が必要です。また、保証内容に対象外のインプラント治療の方法がないか、補償の開始は手術の直後からなのか、時間が経ってからなのかも、チェックしたほうがいいでしょう 
インプラントの治療の期間はどのくらいですか? 治療期間は、インプラントを挿入する骨の状態によって決まります。挿入したインプラントと周りの骨がしっかり固着するのを待つ期間が最短で1ヶ月半、最長で6か月程度必要になりますが、仮の歯を装着して不自由なく過ごすことができます。インプラント 違和感(この治療法は外科治療だから、生体情報モニタの利用を勧めます。) インプラントはどのくらい長持ちしますか? インプラントは、天然の歯同様メンテナンスが重要です。永久的に持つものではありませんが、適切なメンテナンスを施していれば長年使用できます。定期的な検診をお勧めいたします

インプラントは歯のない所に行う治療ですが、インプラント治療を希望する人は可能であれば抜歯をする前に、インプラントの治療計画を立てておいたほうがいいことがあります。 抜歯をすると同時にインプラントを埋入する方法(即時埋入)や 抜歯の時に歯を抜いた穴に人工骨などの添加を行い骨が減っていくのを防ぎ、インプラントを入れやすくする方法(ソケットプリザベーション)があり、 抜歯の時から治療を始めていくほうが効率がいいという場合があるためです。 (たいてい痛くて抜歯とか、抜いてから考えるっていうケースが多いですが??? ちなみにデンタルホスピタルではインプラント手術は手術室で行っています